[ AEW動画 ] 2022年11月9日配信 「ダーク」大会 元タッグチームのピーター・アバロンとブランドン・カトラー直接対決!クラウディオ・カスタニョーリ、ウィーラー・ユウタ、トニー・ストームといったレギュラークラスも出場です!

2022年11月9日配信の「ダーク」大会の内容です。
FITE、YouTubeいずれも無料視聴できます。


前回ダーク大会はコチラまで


約70分13試合構成で前回よりボリュームを増やしている。
ストーリーはピーター・アバロンVSブランドン・カトラーの途中で元マネージャーのレヴァ・ベイツが乱入、暴走するエディ・キングストンを止めるオーティスぐらいで控えめである。

だが、試合重視のコンテンツだけあって、好対戦カードが見られる。

以前に組んでいたピーター・アバロンとブランドン・カトラーの直接対決、AEW暫定女子王者トニー・ストームが志田光とのタッグでさくらえみ&駿河メイと対戦する。

他にブロンズ VS QTマーシャル&コール・カーター、アテナVSディアマンテ、クラウディオ・カスタニョーリ&ウィーラー・ユウタVSセザール・ボノニ&ライアン・ネメスあたりは見ものである。


[ コンテンツロゴ ]

海外プロレス カルタハポン AEW ダーク


[ タイトル画面 ]

海外プロレス カルタハポン AEW ダーク


[ FITEページ ]


[ YouTube ]


[ 内容 ]


①シングルマッチ

ザック・クレイトン
VS
ブレイク・リー


[ ザック・クレイトン ]

海外プロレス カルタハポン AEW ダーク
ザック・クレイトン


[ ブレイク・リー ]

海外プロレス カルタハポン AEW ダーク
ブレイク・リー


②女子シングルマッチ

アシュリー・ディアンボワーズ
VS
カイラ・ロッシ

海外プロレス カルタハポン AEW ダーク
アシュリー・ディアンボワーズ カイラ・ロッシ

③タッグマッチ

ガンズ
VS
BKクレイン & ジャレット・ディアス

海外プロレス カルタハポン AEW ダーク
ガンズ BKクレイン ジャレット・ディアス


④シングルマッチ

ピーター・アバロン
VS
ブランドン・カトラー

海外プロレス カルタハポン AEW ダーク
ピーター・アバロン ブランドン・カトラー


ピーター・アバロンとブラントン・カトラーはかつてタッグチームであり、マネージャーはレヴァ・ベイツであった。
そのレヴァ・ベイツがイス攻撃を仕掛けるピーター・アバロンを制止するシーンが見られた

海外プロレス カルタハポン AEW ダーク
レヴァ・ベイツ

⑤タッグマッチ

ブロンズ
VS
QTマーシャル & コール・カーター

海外プロレス カルタハポン AEW ダーク
ブロンズ QTマーシャル コール・カーター

⑥女子シングルマッチ

アンナ・ジェイ
VS
シオ・ニエベス

海外プロレス カルタハポン AEW ダーク
アンナ・ジェイ シオ・ニエベス

⑦シングルマッチ

マーカス・クロス
VS
キップ・セイビアン

海外プロレス カルタハポン AEW ダーク
マーカス・クロス キップ・セイビアン

⑧女子シングルマッチ

アテナ
VS
ディアマンテ

海外プロレス カルタハポン AEW ダーク
アテナ ディアマンテ

⑨シングルマッチ

リコ・ゴンザレス
VS
パワーハウス・ホブス

海外プロレス カルタハポン AEW ダーク
リコ・ゴンザレス パワーハウス・ホブス

➉6人タッグマッチ

イヴィル・ウノ & ジョン・シルバー & アレックス・レイノルズ
VS
トロイ・ハリウッド & フルトン & アティバリュー

海外プロレス カルタハポン AEW ダーク
イヴィル・ウノ ジョン・シルバー アレックス・レイノルズ トロイ・ハリウッド フルトン アティバリュー

⑪タッグマッチ

ARフォックス & カレブ・コンリー
VS
エディ・キングストン & オーティス

海外プロレス カルタハポン AEW ダーク
ARフォックス カレブ・コンリー エディ・キングストン オーティス


今回もエディ・キングストンの暴走を制止するオーティスである、、、

海外プロレス カルタハポン AEW ダーク
エディ・キングストン オーティス

⑫女子タッグマッチ

トニー・ストーム & 志田光
VS
さくらえみ & 駿河メイ

海外プロレス カルタハポン AEW ダーク
トニー・ストーム 志田光 さくらえみ 駿河メイ

⑬タッグマッチ

クラウディオ・カスタニョーリ & ウィーラー・ユウタ
VS
セザール・ボノニ & ライアン・ネメス

海外プロレス カルタハポン AEW ダーク
クラウディオ・カスタニョーリ ウィーラー・ユウタ セザール・ボノニ ライアン・ネメス

<まとめ>
レギュラークラスのクラウディオ・カスタニョーリ、、ウィーラー・ユウタ、トニー・ストーム出場は高ポイントといえます。

かなり遡ってみないと分かりにくいのですが、ブランドン・カトラーとピーター・アバロンは元々タッグチームでマネージャーは青い髪が特徴のレヴァ・ベイツでした。
チーム解散してからついに直接対決!ということになっています。
その経緯を知ってから観戦するとまた違った面白さがあります!

出典元:AEW

シェアする